東京浅草橋西口から徒歩1分、松竹タオル店

「ふくまめ」手ぬぐいに続き、干支の手ぬぐいのご紹介です。

来年の干支は「子 ねずみ」

12支の最初の年になります。
余談ですが
ワタシは「辰 たつ」店主は「寅 とら」長男「酉 とり」次男「亥 いのしし」

12支にはそれぞれ動物の名前が付いていますが、動物を意味するものではなく
古代の中国で覚えやすいよう動物名を当てはめたという説など諸説あるようです。

干支と12支の違いや由来、意味、起源などは調べて行くとかなりの情報量です。

なので、干支の手ぬぐいが入荷するこの時期、「何故、子(ねずみ)から始まるのか」調べていたら
干支の順番の由来の別説についてとても面白い記事がたくさんありました。

大昔のこと、神様が「1月1日元日の朝に挨拶に来た12番目までの動物を
その年のリーダーにする」と言いだし、レースをする事に。
「牛 うし」は自ら足が遅いと自覚していたので前日の夜から歩き始め、
賢い「子 ねずみ」は「牛 うし」の頭に乗って出発し、ゴールの目前で飛び降りて
1位を獲得したという説から年のはじめは「ねずみ」から始まるのだとか。
「ねずみ」の天敵である「猫」がいないのは
「ねずみ」が「猫」にレースの日を伝えなかったからだそうです(1月2日と教えたとか)

この12支の動物達にまつわるエピソードは他にも色々あり読んでいて楽しかったです♪

例えば今年の「亥 いのしし」は最後の到着ということにはなりますが
実は順番としては最初に到着していたはずでしたが、まっすぐにしか走れなかったことから
神様の前を通り過ぎてしまい結果的に12番目となってしまったとか。

猪突猛進「亥 いのしし」の年もあと2カ月余りに。


「確かに、猫は後ろを向いて拗ねているような・・(笑)」


「ねずみ」の繁殖力はとても強く、子孫繁栄、財力の象徴とされています。


「新年福々子 しんねんふくふくねずみ」


「大黒ねずみのお正月」

干支の手ぬぐい商品詳細(新年福々子)(大黒ねずみのお正月)

  • 価格:300円(税別)
  • サイズ:約34×90cm
  • 品質:日本製 岡生地(綿100%)
  • プリント

干支の手ぬぐいは期間限定商品となりますのでお早めに(11月末迄)にご相談ください。

 

タオルのことなら松竹タオル店

(株)松竹タオル店ロゴマーク

松竹タオル店は、JR浅草橋駅西口下車徒歩1分です。

商品についてのお問い合わせは、お電話・またはメールからも承っております。

業務用・個人用・デザインタオル等
当店タオルソムリエがあなたにぴったりのタオルをご提案差し上げます。

皆様のご来店・ご注文を心よりお待ちしております。

TEL:03-3851-7004

【営業時間】
平日9:00~17:00/土曜日のみ9:00~15:00

【定休日】
日曜、祝日、第1・3・5土曜日

今すぐ問合せる

Leave a Reply

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top